概要

大学院

教職員紹介

研究活動

教育活動

社会との協力

在学・卒業生数

入試情報

学科入試要項

オープンキャンパス

大学案内パンフ

研究室一覧

大学院について

プロジェクト

実践プロジェクト

ダビンチプロジェクト

ホーム学科紹介-学科概要|夢を形にする技術

機械工学科の学科概要

環境・人・機械をキーワードに世界の最先端を目指す

 「人および環境にやさしい機械」の実現を目指し、材料、設計生産、エネルギーなどの各分野で世界の最先端の研究・開発を行っています。また、「知と実践の融合」のキーワードの下、機械の主要分野の基礎教育のほかに、プロジェクト教育など、地元企業と連携した社会での実践力を養うユニークなカリキュラムを用意しています。

学科の目的

 「機械工学」は自動車や航空機、ロボット、工場の各種機械、プラントなどの開発や設計、生産に欠かせない、あらゆる産業を「ものづくり」で支える実学です。21世紀は環境調和型社会であり、省エネルギー型機器や介護ロボットなど、“人にフィットしたやさしい機械”が望まれています。このような社会の要請に応えるために、本学科は、機械工学の基礎と応用に関する教育研究を行い、自然環境と調和を保ちつつ、より豊かで快適な生活を得るために必要な機械や設備、道具などの開発や活用が出来る人材を養成することを目的としています。

 機械工学科のカリキュラムは,宇宙ロケットからマイクロマシンに至るまでのすべての機械・装置の研究、開発、設計、製造、運用に必要な基礎知識を学ぶだけでなく、地域および国際的な視野に立ったものの考え方と判断ができ、社会の変化に先駆的に対応できる学生を養成することを目的としたものとなっています。具体的には、以下に示す人材の養成を目指しています。

学科の特徴

 本学科は、大学院工学研究科機械宇宙工学専攻機械工学講座の3分野(材料、設計生産システム、制御エネルギー)、8研究室(固体力学、材料科学、機械設計学、精密生産工学、生産環境システム、計測制御工学、熱エネルギー工学、流体工学)に所属する教員が教育を担当しています。社会からの様々な要望に応えるため、「人・環境・機械」をキーワードに、世界の最先端を目指した研究・開発を行い、その過程で生まれた「知」を実社会でどのように「実践」するかを考え続けています。
 学生は、1、2年次では科学・技術・情報に関する基礎知識を中心に、3年次では機械工学の中心的科目とともに実験や解析を通して技術的な問題を理解し、自律的に解決する能力を養います。さらに、4年次には研究室に配属され、卒業研究に取り組むことによって構想力・創造力・デザイン能力・問題解決能力さらにコミュニケーション能力等の養成をします。

 本学科のカリキュラムの特徴の一つとして「実践プロジェクト」があります。これは、学生が企業技術者の支援と教員の助言を受けて 「企画・立案→設計→製作→実験→評価」という実際のものづくりの流れを体験し、問題発見・解決能力、コミュニケーション能力、主体性などを身につけるものです。このような企業と連携した教育は他大学にはほとんどない全国に誇るもので、平成15年度文部科学省の「特色ある大学教育支援プログラム」に採択されています。研究面では社会や企業で役立つ研究が多く、輸送機、家電、化学製品などさまざまな企業と最新の共同研究に取り組んでいます。

ページトップへ戻る