松野 隆 講師

プロフィール

  • 連絡先: 680-8552 鳥取市湖山町南 4-101
    鳥取大学工学部機械物理系学科 (3109号室)
  • Phone: 0857-31-5204 / ext. 4141
  • E-mail:
  • 鳥取大学研究者詳細

研究テーマ

  • プラズマを用いた流体アクチュエータの開発と応用
  • 航空機の(大迎角)低速域での空力特性とその制御
  • 輸送機械の流体抵抗低減

Recent (selected) articles and presentations

  1. Matsuno, T., Ota, K., Kanatani, T. and Kawazoe, H., "Parameter Design Optimization of Plasma Actuator Configuration for Separation Control," AIAA paper 2010-4983,2010.
  2. 尾崎 修一, 小川 俊広, 大林 茂, 松野 隆, 川添 博光, "低速における超音速複葉翼の3次元空力性能評価," 日本航空宇宙学会論文集, Vol. 57, No. 671, 2009, pp. 461-467.
  3. Nakanishi, T., Matsuno, T., Iwata, H., Kawazoe, H., "New Measurement Method for Aerodynamic Force by a Single Video Camera," Transactions of Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Space Technology Japan, Vol. 7, No. ists26, 2009, pp. Pe_59-Pe_64.
  4. Matsuno, T., Kawazoe, H., and Nelson, R. C., "Aerodynamic Control of High Performance Aircraft Using Pulsed Plasma Actuators," AIAA paper 2009-697, 2009.
  5. Matsuno, T., Kawazoe, H., Nelson, R. C., and Corke, T. C., "Forebody Vortex Control on High Performance Aircraft Using PWM-Controlled Plasma Actuators," Proceedings of the 26th ICAS Congress, CD-ROM, 2008.
  6. 藤井孝藏, 松野 隆, " DBDプラズマアクチュエータ -バリア放電を利用した新しい流体制御技術," 日本機械学会流体工学部門ニューズレター流れ 2007年12月号(2007).

受賞

  1. 日本航空宇宙学会奨励賞: 日本航空宇宙学会, 2005年度

共同研究・外部研究等の導入状況(抜粋)

  1. プラズマ流体アクチュエータによる超音速航空機の離着陸時空力性能改善(代表): 2010年度〜
  2. 超音速複葉翼理論に基づくサイレント超音速機の基盤研究(共同): 科学研究費(基盤研究 (A))2007-2009年度
  3. プラズマを用いた革新的流体アクチュエータの開発とそれを用いた剥離流の制御(代表): 科学研究費(若手研究 (A))2007-2008年度
  4. プラズマアクチュエータを用いたサイレント超音速機の流体制御(共同): 受託研究 2006-2007年度
  5. プラズマを用いた革新的流体アクチュエータの開発とその3次元剥離流への適用(代表): 科学研究費(若手研究 (スタートアップ))2006年度
  6. 非線形空力特性を持つデルタ翼のロール自励振動現象の解明とその物理モデルの構築(代表): 科学研究費(特別研究員奨励費)2001-2003年度

 

 

ページトップに戻る